カテゴリー: 口臭

実体験に基づいて・・・

実体験を基にお話しさせていただきます。キラハクレンズ

皆さまは口臭の原因については「歯磨きをしていないから」などとお思いではないでしょうか?

私は現在30歳ですが、10代の頃は口臭に結構悩まされていました。

その頃の私は毎日歯磨きもしていて、1年に2、3回ほど歯医者にも通い、虫歯も全くない状態でした。

中学生の頃歯医者さんにも「少し口臭が気になっており、どこか悪いのでは?」と相談したこともあります。

そして歯医者さんから帰ってきた言葉も「特に問題ないから気にしなくていいよ」と言われておりました。

しかし私には姉がおり、姉から「口くさい!!」と結構言われておりました。

思春期の頃の私には姉のその言葉は心にぐさっと刺さりました。

その後、大学生になり、初めて彼女ができた時もどこか口臭を気にしておりました。

そして、ある時その口臭が気にならなくなる時が来ました。

それは体質改善です。社会人になり付き合った彼女が「ヴィーガン」でした。

ヴィーガンとはお肉や卵など動物性の食材を一切食べない方のことです。

その彼女の影響で私もお肉や魚を食べる機会が減り、野菜や豆などを食べる機会がとても増えました。

その結果1、2年ほど経った時に気づきました。あまり自分でも口臭が気にならないことに。

よって今もプチヴィーガンを継続しております。

少しでも皆さんの参考になればと思い、書かせていただきました。

ありがとうございました。

実体験に基づいて・・・ はコメントを受け付けていません

口臭は食べることしかない

口臭をどうやって治すのかと疑問に思っていると思います。http://www.safran-de-lectoure.com/

直そう直そうと思っていると逆に治らなくなるものです。

それは精神的に追い込まれるからです。でも原理的に言っても、

食べ物の口臭は食べ物で消すというのもありますし、精神からくる口臭も、

食べ物で消すのが一番良い方法です。

自分はお腹が減るとだんだん口臭が出るのもありますし、

ちょうどよいから食べています。実際、口臭というのは我慢できず、

結局は食べてしまうと思います。けれども我慢強い人は食べずにいますので、

どんどん口臭のドツボにはまっていくのです。少しくらい、自分に

甘くなりましょう。食べ物がない、お金がないという方は仕方ないですが、

飲み物でも良いのでお口の中をきれいにしましょう。

菌が原因の場合もあります。とにかく口臭というのは厄介で、

時間が経つとどんどん増してきます。

ある意味、自分はそれがもとで寝てる場合じゃないと気づかされますし、

どんどん食べて太っていくのが人間の常なんじゃないかとも思えてしまいます。

でも実際そうで、ダイエットとかは意外と難しいと思います。

まず、口臭で悩む人は、そのことしか考えずに口をきれいにすることばかり

考えましょう。先ほども言ったように眠りを遮断したり良いこともあります。

人間は獣と似ているんですね。だから臭いが出てしまいます。

食べ物もあまり濃いものを摂っていると出やすいですね。

なんにしろ食べることしか方法はなさそうなので頑張るしかないです。

少し、他の事は目をつぶりましょう。まずは口臭を治すのです。

口臭は食べることしかない はコメントを受け付けていません

歯列矯正中は口臭は付き物。

現在歯列矯正中で口臭ケアは積極的に行っています。

アリートを辛口評価!

何年もブラケットは取れ替えられないし、金属のワイヤーが常に入っているのである程度の口臭は仕方ないのかですができるケアはしております。ブラケットひとつひとつ丁寧に磨いたり、マウスウォッシュやフロスは絶対にするのですがそれでもやはり多少は気になります。こんなご時世なのでマスクが手放せない生活のおかげもあり他の方には口臭で迷惑をかけることは回避できていると思いますが、私自体はマスク内最悪です。矯正とプラスして現在、銀の歯もあるでこれも口臭に原因なんじゃないかと思っています。

矯正するまではフロスもしてこなかったのでフロスをするようになってからだいぶ口臭改善に繋がったので口臭対策には効果あると思います。

はじめのうちは一か所だけ常に出血していたところも回数を重ねていくうちに出血もなくなり歯茎も良い状態になりました。フロスをいままでしていなかった方は習慣づけることが難しいと思うので無理のない範囲で2日に一回や、3日に一回のペースで取り組んで最終的に毎日、毎食後に出来るようになるとよいと思います。またマウスウォッシュも歯磨き後に使用する事もおすすめです。矯正していながらも多少口臭は気になるもののこの対策のおかげでずいぶん解消されていると思います。

歯列矯正中は口臭は付き物。 はコメントを受け付けていません

長年悩んでいた口臭を改善した方法

私はかれこれ8年ほど口臭で悩んでいました。http://anotherinferno.zombie.jp/

友達と対面で話しているとちょっと顔を背けられたり、少し嫌な顔をされることが多かったんです。そんな私の口臭が改善した2つの方法を紹介します。

まずひとつめは、「鼻呼吸」です。

私は舌や口周りの筋力が弱くていつも口で呼吸していたのですが、そのせいで口の中が乾燥して嫌な臭いになってしまっていました。そこで意識して鼻呼吸をしてみることにしました。

口呼吸をしているときはマスクの中の自分の息が嫌なにおいだなと感じていましたが、鼻呼吸にしてみるとマスクのなかで口から息を出してみてもあまり不快感を感じなくなりました。

意識してないときも鼻呼吸ができるように、口周りの筋肉を鍛えたり、寝るときは口にテープを張っていました。

もうひとつの方法は、「瞑想」です。

ストレスが強い時は、なんだか体臭含めて不快なにおいになっているなと感じていました。なのでストレスを減らし強くなれるように瞑想を始めたんです。

すると段々ストレスを感じにくくなり、体臭も口臭もひどくなることが減りましたね。

胃腸の調子も良くなったので、それで消化もスムーズになって体内の嫌なにおいが減った可能性もあります。

わたしはこの二つに、朝晩の歯磨きを毎日行った結果、あまり気にならないくらいに口臭が改善しました。

長年悩んでいた口臭を改善した方法 はコメントを受け付けていません

小学四年生の口臭との闘い

今回『口臭』をテーマに少しお話させていたただこうと思います。

私自身、最初に口臭が気にしだしたのは、小学4年生の時です。

生まれた時から、歯のかみ合わせが悪かった私は、小学四年生から矯正をつけることになりました。

十年ほど前の話ですので、元祖矯正器具である、金属のすべての歯の表面に付けるタイプのものでございます。

アリートの効果を徹底検証!購入して3ヶ月使用した私の口コミ体験談!

矯正器具をつけている友達がいたのですが、正直口臭が気になりました。

ひどい話ですが、友達を半面教師にし、口臭に気を遣うようになりました。

普通に歯磨きをしても、矯正器具の隙間に、カスがつまり、自分でもわかるほど、息が臭くなります。

小学生にして、さまざまな口臭予防を模索して、たどりついた口臭予防は、『適切なサイズの歯ブラシの使用』『歯の隙間の清掃』でした。

『ありきたりじゃん』と感じると思いますが、結局はこの二つでした、、、

大きなサイズの歯ブラシで横着していては、矯正の隙間の清掃はできません。当時は直径5mmほどの小さな歯ブラシを使用していました。

矯正器具の有無に限らず、かみ合わせ部分は大きな歯ブラシ、歯の表面、裏面は小さめな歯ブラシを使用するとかならきれいに磨けます。

『歯の隙間の清掃』は私がもっとも重要だと感じた、口臭予防です。

1時間かけて、歯磨きをした後でも、歯に隙間に糸を入れるとかなり匂うものです。歯ブラシで歯の隙間まで綺麗にするのは不可能だと思っています。

歯の隙間清掃は必ずやるべきです。歯の隙間は本当臭いです。。(笑)

以上。私からの口臭アドバイスでした。

是非お試しを!

小学四年生の口臭との闘い はコメントを受け付けていません